グローバル・ビズ・サポート株式会社

プレミアムフライデーについて


今回はプレミアムフライデーについてのお話しです。経済産業省と経団連、小売り
などの業界団体は「プレミアムフライデー推進協議会」を設立し、実施方針やロゴ
マークを決定しました。このプレミアムフライデーとは個人消費を喚起するために、
毎月末の金曜日に企業が従業員に対して午後3時には仕事を終え退社するよう呼び
かける取り組みで、来年2月24日から始まる予定です。

プレミアムフライデーでは、各地のショッピングセンターや商店街などにイベントや
キャンペーンを企画してもらい、買い物や外食、旅行など幅広い分野で消費が期待
されます。対象地域は全国各地で、業種にとらわれずに実施され、長時間労働の是正
など働き方改革にもつながる可能性もあります。

アメリカでは11月の感謝祭翌日の第4金曜日をブラックフライデーと呼んでおり、
小売店など大規模な安売りが実施されます。感謝祭でのプレゼントの売れ残り一掃
セールでアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされています。
日本の流通大手企業では一足早くブラックフライデーを採り入れているところも
あります。

政府の全省庁では2015年の6月から夏の間は毎週水曜日の夕方には仕事を終える、
いわゆる”ゆう活(ゆうやけ時間活動推進)”を既に導入しています。「プレミアム
フライデー」は一般企業にも導入され、有給休暇を普段から取り難い社員にとって
朗報と言えるかもしれません。但しプレミアムフライデーで短くなった労働時間が
別の日へしわ寄せになったり、サービス産業の労働者にとって過酷なフライデーに
ならなければ良いですね。

経済産業省:(プレミアムフライデー)
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161212001/20161212001.html
政府広報オンライン:(ゆう活)
http://www.gov-online.go.jp/tokusyu/u-katsu/