グローバル・ビズ・サポート株式会社

ベテラン不足


今日は「ベテラン不足」についてのお話です。新聞やテレビのニュースで、度々
エアラインのパイロット不足でLCCが欠航したといった事が報じられています。
団塊世代の方々は現在60歳~65歳になり、一昨年あたりから急速に大量の離脱が
続いています。

これは前述の特定業種に限らず、医療の現場やトラック・バスといった輸送の
現場でも起こっています。まさに日本の現場からベテランが足りなくなり、
若手の指導にも影響が出始めています。
教育現場の例では、東京都の公立小学校の教員は半数以上が経験10年未満の若手
(20歳台~30歳台)になりました。従来はベテラン教員が若手をさまざまな面で
指導してきましたが、そういった指導が行き届かなくなってきているようです。

そこで若手教員向けの研修事業が新たなビジネス・チャンスとして台頭しました。
学習面での教師力に加え、生徒への問いかけ方や目線の合わせ方、板書の書き方、
保護者からのクレーム対応法、発声法や立ち振る舞いをマンツーマンで指導する
ユニークなものもあります。

従来は現場でベテランがしてきた若手の指導を、外部業者が代わって指導する。
これは今後どの企業にもあり得る状況と言えるかもしれません。バブル崩壊や
リーマン・ショックを起因として企業が人件費削減のために若手の採用を絞って
きたつけが回ってきているようですね。

平成25年度公立学校統計調査報告書:東京都教育委員会
http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/toukei/25gakkoucho/toppage.htm