グローバル・ビズ・サポート株式会社

就職先人気ランキング


今日はアメリカでの就職先人気ランキングについてのお話です。アメリカと言えば
誰でもアメリカン・ドリームとして、企業を立ち上げて成功させたいと考えている
のではないかと思っていませんか?アップルやマイクロソフトがその典型的な例
ですが、どうやらこれらは20世紀の資本主義競争下での事のようです。

最近では就職先人気ランキングにNPO(ボランティア団体)が多くなってきました。
先日発表されたランキングによると第3位に教育NPOのTFA(Teach for America)、
第7位に途上国支援のピースコ(Peace Corps)、第10位にNPOアメリカ癌協会。
多くの学生はお金より社会に役立ち、働き甲斐のある仕事を求めているようです。
この傾向はイギリスでも同様で、国際NGOのOxfamが第4位、TFAと似た教育事業
NPOのTeach Firstが第7位に入っています。

これらのNPOはただボランティアをするだけではなく、きちんと教育・リーダー
シップ研修の機会を提供したり、職業訓練や教育活動もしっかりしています。
もちろんアメリカなどはNPOに対して日本とは桁違いの寄付が寄せられていると
言った羨ましい事実もあります。

日本ではTFAの事業モデルを導入したNPOのTFJ(Teach for Japan)がスタート
しました。このような欧米のイノベーションが日本でも広まり、将来的には日本の
就職先人気ランキングに顔を出す日がくるかも知れません。